国際空手道尚武会とは

尚武会は1981年(S56)藤本貞治会長により設立されました。空手道を通じ「健全な肉体と精神」を養成させることにあります。初心者には個別性を重視し無理なく安全に指導します。尚武会の理想とする空手は「長い間できる空手道=生涯武道」稽古を通じ健全な精神と肉体を育成し生涯できる武道を目指します。少年部には礼儀作法を重視し、「挨拶できる子・努力できる子・仲間を大切にする心・感謝できる子」の育成を目指します。

会員は、春秋季品川区民大会を始め、東京都大会(小学生・中学生・高校生・一般)・国民体育大会・全日本選手権大会・日本スポーツマスターズ競技会に於いて、優勝者を含む上位入賞者を多数輩出しています。(公財)全日本空手道連盟、(一社) 東京都空手道連盟、品川区空手道連盟に属しております。尚武会は沖縄の首里手を主体とした系統で空手道を継承している団体です。

「オリンピック追加種目として」

空手道にも種々なスタイルがあります。伝統的な空手(寸止め)・防具空手・フルコンタクト空手などに大きく分かれます。尚武会は伝統的な空手に属しています。全日本空手道連盟の空手道は、文部科学省・日本体育協会傘下の公認団体のもと構成され、国民競技・アジア競技会を展開している武道スポーツ競技です。

       昭和36年尚武会戸越道場

       平成28年尚武会鏡開き

尚武会の歩み

昭和34年
品川区豊町の豊泉保育園にて、空手道の指導を始める
昭和35年 自転車店であった自宅を改築し、品川区戸越に「尚武館」を開く
昭和41年 品川区体育協会への加盟が認可され、区主催の春秋季大会へ参加、以後品川区空手道連盟の事務局となり、品川区空手道連盟会長に藤本貞治が就任連合会全日本選手権大会で、千葉新市師範(現岩手県支部長)優勝
昭和44年 道場を品川区二葉に移設、道場名を「研修館」とする。「空手道」「剣道」を指導
昭和49年 会長、(公財)全日本空手道連盟公認七段に合格
昭和50年 第三回世界選手権大会の日本監督として、会長が渡米(ロスアンゼルス)(個人優勝・準優勝・団体2位)
昭和51年 会長「NHKスポーツ教室」の担当講師としてTV出演
昭和53年 映画「永遠なる武道」に空手界の代表として出演し、試し割を披露(マイアミ国際映画祭グランプリ作品)
昭和54年 日本体育大学にて、会長の衝撃力測定が実施
昭和55年 会長、全日本空手道連盟の派遣で、オーストラリア・ニュージーランド遠征
昭和56年 藤本貞治「日本空手道教室研修会」を退会の後、「国際空手道尚武会」を発足(岩手支部・新潟支部・神奈川支部・練馬支部・戸越支部・国際タクシー茨城支部・荏原支部)同時に、尚武会会長に就任オーストラリア支部を設立(4支部、グラハム・キャラハー支部長)
昭和57年 第1回国際空手道尚武会選手権大会を品川区立総合体育館にて開催以後、毎年11月に国際空手道尚武会選手権大会を開催
昭和58年 会長、池田書房より「空手道入門」出版阪急ホテルにて、出版記念パーティ・記念演武会を開催
昭和62年 藤本治豪師範、オーストラリアに指導のため渡豪(約3年)
昭和63年 オーストラリアのブリスベン市で開催された、ワールドエキスポ88の日本パビリオンにて、尚武会日本選手団一同が空手道を演武同月オーストラリアにて、国際空手道尚武会親善大会を開催
平成4年 埼玉県本庄・深谷市に埼玉支部を設立(仁歩 友彦支部長)
平成5年 会長、(公財)全日本空手道連盟公認八段に合格全日本選手権大会にて、会長が試し割り演武を披露
平成6年 会長、東京都教育委員会より「東京都社会体育功労賞」を受賞ビデオ「国際空手道尚武会 藤本貞治」を撮影
平成9年 設立15周年記念大会、祝賀会を開催
平成12年 会長の「拳歴60周年を祝う会」を開催藤本治豪師範 第28回全日本選手権大会 第3位富山国体 準優勝  全日本実業団選手権 優勝
平成13年 会長の「古希を祝う会」を開催
平成14年 創立20周年記念大会、祝賀会を開催岩手県盛岡市に、本部直轄盛岡支部を設立(高橋 徹支部長)
平成17年 本部道場「研修館」を新築建て替え、落成式を行う会長、東京都知事より「東京都功労賞」を受賞